MESSAGE先輩の声 - 西原 真美さん -

プログラム経験がなくても
活躍ができます。SD部/西原 真美さん

SD部/西原 真美さん
主な仕事の内容を教えてください。
システムの開発業務だけでなく、ディレクションも担当しております。ディレクションとは、簡潔に言うと総指揮官です。
HP制作にあたって、デザイナーに指示を出したり、プログラマーに指示を出したりして、お客様のご要望に沿う、HPを作り上げる役割です。
具体的には、お客様への企画・要件定義から、協力会社への見積依頼、開発の方針設定など、舵取りのような作業が多く、大変ではありますが、やりがいも大いに実感出来る仕事です。
また、美術を習っていたこともあり、デザイン関係の仕事も担うことがあります。主なツールはPhotoshop、Illustratorで制作しますが、自前のクリエイターツールも駆使して、社内のコストパフォーマンスに貢献しております。
このように色々な仕事を経験させて頂いておりますので、覚えることも沢山ありますが、日々成長出来ることに感謝しながら、楽しく働いております。
仕事風景
仕事風景
職場の雰囲気はどんな感じですか?
アットホームで自分の意見が言い易く、分からないことも直ぐに質問できる職場です。
また、新人だからといって意見を蔑ろにすることもなく、きちんと受け入れてくれる職場です。
入社の決め手は何ですか?
私は文系大学出身ですが、アジア地域の国際関係などを学び、情報を発信するということに興味を持っておりました。また、授業でデジタルアーカイブを学び、ITとは様々な分野で活躍していることを知りました。
私はもともと研究職を志望しておりましたが、常に新しいソフトウェアサービスを提供し続ける姿勢と、ソフトウェアの応用性に魅力を感じ、ネットコムを志望しました。
ネットコムの魅力を教えてください。
技術のスキルアップのために、積極的にセミナーへ参加出来ることが魅力を感じております。
イベントも多く、弊社も出展するビジネスフェアでは企業とのコンタクトが取れるので、様々な人の話を聞くことが出来、勉強になります。社長自身の知識欲も高く、情報の収集も巧みなので、楽しみながら学べる環境が整っていることがネットコムの魅力だと思います。
みなさんへメッセージをお願いします。
ITはどんなことにも応用でき、挑戦できる業界です。
しかし、挑戦のためには、まずは知識を身に付けることだと思います。そして、知識を得るためには、何事も興味を持つことが大切です。
何事にも興味を持つためには、人の話を聞くことが最も重要です。学生のうちにできる時に、様々な人の話を聞き、自分の知識を広げてください。その知識はチャレンジへと繋がっていきます。頑張ってください。

1日のスケジュールSchedule

8:40
出社

全員が業務に早めに取り掛かれるよう、少し早めに出てお茶出しの準備をします。朝礼当番がある時は、スピーチの内容を考えます。

9:00
朝礼

9:00からの朝礼に出席します。朝礼当番の人は3分間スピーチがありますが、話すテーマは自由です。また、内容が良いと上司からコメントを貰えます。スピーチ終了後、社内の連絡事項等を確認します。

9:15
作業開始

メールの確認をし、依頼先の進捗状況を確認します。また、制作の指示を与えたり、お客様に連絡を取ったりします。
それから、作業を開始します。

12:00
昼食

職場の同僚と談話しながらお弁当を食べます。コンビニで買う人もいれば、社内で注文しているお弁当を食べる人もいます。

13:00
作業開始

進捗を上司に報告し、午前の業務の続きを行います。

17:45
報告書作成

週末は各人日報を提出し、業務内容をシェアします。
そのため、1日の作業を振り返り、問題点や進捗状況等をまとめます。
毎日書かないと、週末には内容を忘れてしまうので、こまめに記入しています。

18:00
退社

日報を記入して1日の業務内容を振り返ります。また、メールの内容を再度確認し、翌日の予定を確認します。
退社します。